人気ブログランキング |
カテゴリ:ヨーロッパ旅行 Vol.3( 5 )
5日目
窓を開けたら、最高の天気!!
今回の旅行は、天気悪かったからなぁ。マジでうれしい♪

e0095419_5182746.jpg


e0095419_517138.jpg


朝食はホテルで食べた。

e0095419_5191975.jpg


e0095419_5192928.jpg


それから、イフ島へ行く為に港へ

e0095419_520187.jpg


e0095419_520347.jpg


港では、漁師のおかみさんが魚を売っていた。威勢ののいい声が飛び交ってたわ。

e0095419_5232061.jpg


イフ島へのチケットを買いに行くと今日は、閉まってる言われた。ちゃんと調べてきたのにマジでショック↓↓↓ でもせっかくここまで来たからクルージングだけでもしたい。
何かツアーがないか聞いてみた。あるのはあったけど、2時間30分の食事つきで€40.00!!
確実に無理(w_-; ウゥ・・
ヨーロッパを旅行してると結構こういうことがあるねんなぁ・・・

e0095419_5293556.jpg


っで、とりあえずガイドブックに載ってたマルセイユ歴史博物館に行くことにした。
でも、途中で天気のいぃ日に、しかもマルセイユに来てまで建物にこもるのは意味ないなって思って入らんかった。
写真は外観だけ

e0095419_5335773.jpg


海岸にあるサン・ニコラ要塞ってとこに行った。
こういう廃墟した建物は好きやし、天気のいぃ日にこうしてのんびりするのは最高♪

e0095419_5385779.jpg


e0095419_5391537.jpg


e0095419_5392995.jpg


e0095419_5394117.jpg


それからは、ロンシャン宮に行った。
滝とか池があって、すごいきれいなところやった。この建物には、マルセイユ美術館と自然史博物館もあった。

e0095419_546015.jpg


e0095419_5462388.jpg


e0095419_5463811.jpg


e0095419_5465219.jpg


裏は公園になってて、この公園もなかなかきれいやった。
子供が遊んでたりして、かなり使われている公園。

e0095419_5495934.jpg


e0095419_5501446.jpg


e0095419_5503697.jpg


e0095419_5505273.jpg


公園でのんびりしてて、「空港への行き方が分からへん」ことにふと気づいた。
留学して、ほんま適当になった気がする。旅行の計画立てる時って行きたいところをピックアップして、その場所と時間を調べるだけやからなぁ。初めて旅行したときは、かなり念入りに調べて計画立ててたけど、実際には今日のイフ島みたいに閉まってたりするから、ぜんぜん予定通りにはいかへんねん。
いぃように言うと、臨機応変に行動できるようになった(?)

っで、とりあえず駅に行くことに。
駅に向かう途中で思ったけど、町自体はデザインされててきれいで、建物も古くてアジがある。

e0095419_6215151.jpg


e0095419_6244082.jpg


e0095419_625198.jpg


これ何か分かる?

e0095419_6261633.jpg


昔は、馬のフンとか家から出た排泄物を窓から捨ててヨーロッパの町はめっちゃ汚かってん。それで、家の前には靴についたフンをとるこれがあるねん。
ヨーロッパの人ってほんとすごいよなぁ。日本では考えられんへん。
でも、このお陰でハイヒールとかつばの長い帽子が出来て、ファッションの発展にかなり貢献したって聞いたことがある。
しかし、未だに至る所にフンが落ちてる。

e0095419_6322921.jpg


町で見かけたサッカー少年。
こうやってジダンもサッカーがうまくなったんかなぁ?

e0095419_6335389.jpg


駅前の階段

e0095419_634293.jpg


駅で、どうやって空港に行くか聞いたら、駅からバスがでてるからそれに乗れって言われた。
問題は一瞬で解決!!
っで、ホテルに戻って荷物をもって空港へ

e0095419_637648.jpg


バスからの景色
郊外に出るとガラッと雰囲気が変わって、危険なにおいがプンプンする。

e0095419_6382066.jpg


e0095419_6383679.jpg


e0095419_6385712.jpg


30分で空港に着いた。
建物はめちゃくちゃ新しい。というか、仮設の建物みたいやった。
でも、中はカラフルで、面白かった。飛行機が出るまでカフェで、旅のメモを見返して、まとめてた。今回もいぃ旅やったわ。

e0095419_643294.jpg


e0095419_6431733.jpg


e0095419_643325.jpg


e0095419_6434668.jpg


e0095419_644282.jpg


飛行機から見たロンドンの夕日

e0095419_6444389.jpg


by Jey-man | 2007-05-05 23:59 | ヨーロッパ旅行 Vol.3
4日目
7時に起きて、ホテルを出る仕度をした。
チェックアウトする為にレセプションに行ってみると開いてなくて、ドアの前には張り紙が貼ってあった。
でも、フランス語で読めない↓↓↓
仕方ないから、ホテルの前のカフェで朝食を食べながら待つことにした。

e0095419_7454394.jpg


8時15分ぐらいに開いて、無事チェックアウトできた。その時に、何か話しかけてきたけどまったく分からない。たぶん開けるのが遅くなった理由を説明してくれてたんやと思う。
意思の疎通は全く出来なかったけど、めちゃくちゃ親切で優しいおばぁちゃんやったわ。別れるとき、そんなおばぁちゃんに笑顔で「ボーン・ボヤージ」って言われたら、イライラしてた気持ちが吹っ飛んだ。それに、こっちも笑顔で「Thank you very much」としか言えない♪
まぁ、のほほんとした気分にはなったけど、現実にはマルセイユ行きの電車が8時30分に出発する。全速力で駅まで走って、ぎりぎり電車に乗れた。

e0095419_8824.jpg


e0095419_883329.jpg


e0095419_89188.jpg


電車は地中海を側を走って、2時間30分でマルセイユについた。

e0095419_811555.jpg


南フランスはのどかなイメージがあるけど、フランスで最も犯罪発生率が高い地域で、特にマルセイユは危険らしい。実際、町は汚し管理しきれてない感じはした。
ガイドブックには、「ホテルは駅周辺の安いホテルは危険」ってかいてあったから、今回はユースじゃなくてちゃんとしたホテルに泊まった。

e0095419_819138.jpg


ホテルに着くと、まだ部屋を掃除しているから待ってほしいと言われた。なので、荷物を預かってもらい町へ出かけた。
町は確かに汚いけど、犯罪が多く起きてるような感じはしなかった。むしろいぃ町って感じがする。とりあえず、Le Corbusier(ル・コルビュジエ)のUnite d'Habitation(ユニテ・ダビタシオン)を見に行くことにした。

途中で買ったパン
中には、ハンバーグとポテト、チーズが入っていてかなり美味しかった。やっぱりフランス。

e0095419_837347.jpg


ユニテには、セントラルからすこし離れていて、緑が多くとてもきれいな場所やった。

e0095419_839134.jpg


e0095419_8405476.jpg


フットボールスタジアム

e0095419_8402366.jpg


ユニテ

e0095419_8421412.jpg


e0095419_8431823.jpg


e0095419_8441545.jpg


e0095419_8452786.jpg


e0095419_8461541.jpg


内部
かなり天井が低くてびっくりした。

e0095419_8485097.jpg


e0095419_8492375.jpg


e0095419_8555158.jpg


e0095419_8564613.jpg


ユニテの一番の特徴は、太陽の光を住宅に入れるために廊下を建物の真ん中したこと。だから廊下は暗くて、居心地が悪いのかと思っていた。でも逆に柔らかい光になっていた。

e0095419_8542792.jpg


屋上には保育園、カルチャーセンター、ジム、プールなどがあった。集合住宅はただ人が住む場所だけではなく、そこで出来る教育のあり方や住人が関わりあえるコミュニティのあり方も考えられてた。この時代からすでにこのようなことを考えていたコルビュジエはやっぱりすごい。

e0095419_974310.jpg


屋上からの景色もよかった。ただ曇っていたのが残念。

e0095419_99239.jpg


e0095419_995755.jpg


この建物には、先生が学生をつれてきて講義をしていたり、建築家の人も多かった。すごく真剣に写真を撮っている人が居たので話しかけてみると、ポーランド人の建築家だった。
年に一回建築めぐりの旅をしているらしい。やっぱり建築家ってみんな旅するもんなんやなぁ。最近旅をするようになって、創作活動には空間移動が大切ってことが分かってきたし、すごい建築家はみんないろんな場所に行っている気がする。
このポーランド人は日本にも将来行くって言ってたし、かなり日本の建築が好きらしい。熱く日本の建築ついて語っていた。日本の建築って世界でかなり評価されているし、実際大学の図書館にも日本の建築のコーナーがあるほどヨーロッパの人は興味があるみたい。
この人、ハイネとかなり仲良くなってメールを交換した。それに普段は自分の写真は撮らないけどモディロールの横で写真を撮ってくれた。旅をしているといろんな人と知り合える。

e0095419_9314160.jpg


ユニテの前のバス停の名前は、Le Corbusier

e0095419_9332641.jpg


それからは、地下鉄でセントラルへ戻って、町を見学

e0095419_9345432.jpg


e0095419_9353168.jpg


マルセイユは、ほんといぃ町やと思う。確かに路地裏に入るとヤクをやってそうな人たちがいるけど、大通りは全然問題ない。それに警察も多いから、だれが行っても大丈夫やと思う。

e0095419_9401538.jpg


e0095419_9404890.jpg


e0095419_9411932.jpg


e0095419_942675.jpg


e0095419_9423376.jpg


e0095419_943859.jpg


その後は、ノートルダム・ド・ラ・ギャルドバジリカ聖堂へ行った。海抜154メートルの場所にあるから、行くのはしんどかった。

e0095419_9531656.jpg


e0095419_954154.jpg


e0095419_954389.jpg


e0095419_9551078.jpg


e0095419_956012.jpg


e0095419_9563173.jpg


e0095419_957455.jpg


e0095419_9575892.jpg


でも、ここからの眺めは最高!!
やっぱりマルセイユはすばらしい。ベニスが世界一ってよく言われるけど、オレはマルセイユの方が好き。あまりにも景色が綺麗やからフォトショでパノラマ写真作ってみた。結構うまく写真を合成できたから、画像をクリックして大きい写真で見てぇ。

e0095419_1025225.jpg


建物の内部

e0095419_3272547.jpg


e0095419_3281674.jpg


e0095419_3284242.jpg


e0095419_329870.jpg


それからは、町を見学した。
マルセイユはコルビュジエの影響で近代建築がもっといっぱいあるのかと思ってたけど、全然なかった。

e0095419_3315433.jpg


e0095419_332133.jpg


唯一見つけた近代建築。でも町に合ってない

e0095419_333216.jpg


旧港

e0095419_334667.jpg


それからは、夕食を食べた。
入った店はアットホームな感じで、姉妹がカウンターで勉強していた。

e0095419_3351232.jpg


店が込み始めると、パソコンで仲良くDVDを見てた。マジでかわいぃ♪

e0095419_4213766.jpg


こういう姿を見ると、実家を思い出す。
実家には個室というものがなくて、兄弟が一緒のところで勉強してた。
アニキや弟が家を出てって、個室みたいな場所はできたけど、結局キッチンで勉強してた気がする。今は論文のためにイギリスの家のことを調べてるんやけど、イギリスの子供の部屋には机がないらしい。
子供は、夕飯後に静かになったキッチンでたいてい勉強して、もしうるさかったら図書館に行くなり、静かな場所を探して勉強するねんてぇ。なんかオレの家に似てる。
日本では、子供の部屋に机を置くのは当たり前で、それは受験のためとか子供にいぃ環境を与えようとしての行為。でも実際には、仕事から帰ってきた親が子供の勉強をみたくないってことのように思える。それりゃ、子供は自分の部屋に引きこもるようになるし、親子の会話も減るわ。母親も母親で受験勉強やからって、夜食を作って部屋に持っていくらしいなぁ。実際には勉強してるかどうかも分からんのに・・・ というか子供がいつも何をしてるか分かってないと思う。
だから、最近は変な子供が増えてるんやと思う。それにもし、自分の部屋に机がなかったり、夜食を持って行かんかったら、「子供がかわいそう」とか「ダメな母親」とか言われそうやしなぁ。
別に机があったからって勉強をするようになると思えへんし、夜中に夜食なんか食べたら眠くなってやる気が無くなると思うわ。イギリス人の友達に夜食の話をしたら「日本では、母親はメイドなんか?」って真剣に聞かれたからなぁ。いやぁ~、文化の違いってすごいなぁ!!それにしても、過保護教育も対外にしないとそろそろやばい気がする。

今日の夕飯

e0095419_4191061.jpg


e0095419_4193087.jpg


e0095419_4195099.jpg


e0095419_4201689.jpg


e0095419_4203289.jpg


by Jey-man | 2007-05-04 23:59 | ヨーロッパ旅行 Vol.3
3日目
今日は日帰りでモナコに行く。
モナコは、面積1.95k㎡、人口約3万人、ヴァティカン市国に次ぐ世界で2番目に小さい国。
国といって公用語がフランス語で、入国審査もない。フランスのひとつの都市としか思えない。しかも、ニースから急行で約15分!!

e0095419_6384778.jpg


窓の景色は最高で、地中海と山が見える。

e0095419_885180.jpg


モナコ駅はなかなかきれい。

e0095419_8103280.jpg


e0095419_811096.jpg


町もすごくきれいで、気持ちがいぃ。
一番驚いたのは、家が崖の上に建っていること。

e0095419_8143619.jpg


まずはじめに向かったのは、大公宮殿。
モナコの町は、高低差があって結構歩くのがしんどい。

e0095419_82035100.jpg


e0095419_8212864.jpg


e0095419_8221667.jpg


このPalais Princier(大公宮殿)は、モナコ公国歴代大公の居城で、1215年に建設された。内部は夏だけ公開される。
1215年に建てられたのに見た目はすごく新しかった。たぶんペンキが新しくむられているからやと思う。

e0095419_830296.jpg


この建物の近くには、歴史博物館や大聖堂、海洋博物館、水族館などもあった。ここ一体をモナコヴィル区と呼ばれていて、路地が細く、ほかの地区とは違う雰囲気があった。

e0095419_8364841.jpg


e0095419_8372975.jpg


大聖堂

e0095419_8403762.jpg


e0095419_841763.jpg


e0095419_8415268.jpg


丘の上にあるだけあって、景色もいぃ!!
当たり前やけど、地球ってほんまに丸いねんなぁ。

e0095419_8481296.jpg


e0095419_8491941.jpg


モナコらしく、港には高級クルーザーがいっぱい!!

e0095419_8502163.jpg


登った分だけ帰りは下らないといけない。かんばって歩いていると、横をツアーの電車(?)が通り過ぎていく。

e0095419_8542735.jpg


e0095419_8522651.jpg


今月の27日にF1が開催されるから、モナコの道路にはフェンスとかスタンドが作られていた。ほんとは、モナコでF1を見たかったけど、どうしても初めてF1を見るのは、モータスポーツの聖地シルバーストーン(イギリス)じゃないと嫌やからさぁ。それに、将来の楽しみは残しとかないと( ̄∇ ̄;) ハッハッハッ

e0095419_9102769.jpg


F1のピット

e0095419_911201.jpg


最終コーナー

e0095419_912262.jpg


それからは、昼食を食べる為に町の中心へ行った。
昨日の夕食は贅沢したから、今日は確実にレストランに入れない。
歩いていると、たまたまマーケットを見つけたから、フランクフルトとコーラを買ってベンチで食べた。まぁ、さすがは超金持ちの町モナコって感じ。高い!!
フランクフルト - € 3.00(約480円)
コーラ - € 2,00(約320円)
「320円のコーラってどんだけうまいねん」って感じやけど、もちろん味が変わるわけない↓↓↓
でも、考えみるとロンドンでサンドイッチ(£2.80)とコーラ(£1.00)を買うと約912円もするねんなぁ。やっぱりロンドンが世界一物価が高い!!

e0095419_925725.jpg


e0095419_9263780.jpg


e0095419_9271633.jpg


それからは、Jardin Exotique de Monaco et la Grotte de Monaco(熱帯公園)へ行った。
ここは、モナコを見下ろす高台の公園で、サボテンや珍しい亜熱帯の花が咲いている。100年を超えるメキシコのサボテンや高さ15メートルのサボテンもあって面白かった。

公園からの景色

e0095419_9404914.jpg


e0095419_9423229.jpg


e0095419_9433863.jpg


e0095419_9441946.jpg


e0095419_9444933.jpg


サボテンってかなりかわいぃなぁ♪
花もきれいやし、部屋に飾ると良さそう。

e0095419_946314.jpg


e0095419_947012.jpg


この公園には、他にも鍾乳洞と先史人類学博物館があった。
鍾乳洞へは1時間ごとにツアーがあったのでそれに参加した。日本でも一回だけ鍾乳洞に入ったことがあって、すごい寒かった印象があった。でもここは、すごく蒸し暑かった。国によってほんとにいろいろやわ。

入り口の建物

e0095419_9531418.jpg


e0095419_9563662.jpg


e0095419_9572825.jpg


e0095419_9581978.jpg


先史人類学博物館

e0095419_9595256.jpg


e0095419_1011873.jpg


その後は、モナコに来たら絶対に行かないといけない場所、カジノへ行った。
カジノの前には、高級外車がずらりと並んでいたし、F1の観戦スタンドも建てられていた。ここが有名な「カジノ前コーナー」かと感動しながら中に入った。
中はステンドグラス、絵画、彫刻などで飾られていて、カジノなのに高級社交場って感じがした。さすがモナコ。
記念に€5.00でスロットをしてみた。動体視力に自信があるから、運がよければと思って期待したけど、やっぱり無理。
3つまでは揃うけど、あとの2つが揃わんかった。回ってる絵は見えるんやけどなぁ・・・
オレの動体視力で3つ揃うんやから、F1レーサーやったら楽勝やと思う。まぁ、彼らはお金に興味がないからせえへんと思うけど。

e0095419_1012125.jpg


e0095419_10124963.jpg


e0095419_10135326.jpg


SLK55 AMG

e0095419_1015847.jpg


高級車が多いといっても、数だけで見たら西宮っというか苦楽園の方が遥かに多い。フェラーリ360モデナとかポルシェなんかは毎日見るしなぁ。特にBMWとベンツはもう大衆車かってぐらい普通に走ってる。モナコはもっと生産台数の少ない車がいっぱい走ってるんかと思ってた。ちょっとガッカリ↓↓↓
そんなことを思いながら、F1のコースを歩いていると見つけた!!
F50!!
やばい、マジでかっこいぃ♪
これはなかなか見れない。

e0095419_1032761.jpg


友達は、F50とかエンツォも西宮で見たことあるって言ってたけどオレは見たことない。
F50とかエンツォは、それぞれ200台ぐらいしか生産されてなくて、どれだけお金があっても買えない。「ドライバーが車を選ぶのではなく、車がドライバーを選ぶ」っていうのがフェラーリの考え方。この考え方はすごく好きで、だからフェラーリが好きやった。でも今は、経営が大変で大量生産のフェラーリ(360モデナなど)が出てるから、だれでもフェラーリに乗れるようになってる。残ねんやけど↓↓↓
フェラーリの価値を知らないただの金持ち、特にホストとかが360モデナを乗ってるとマジで腹立つ凸(-_-メ) F〇ck You!!
だからBMWとかベンツは嫌いやねん。厳密に言うと、ドライバーが嫌い。
たいてい成金が乗ってて、態度がめちゃくちゃ悪い!!

そんことを思いながらF1のコース歩いて、モナコは終了!!

e0095419_10492034.jpg


スタート地点

e0095419_1050454.jpg


プールサイドシケイン

e0095419_10505741.jpg


by Jey-man | 2007-05-03 23:59 | ヨーロッパ旅行 Vol.3
2日目
フライト時間は相変わらず早くて、6時30分。
5時にチェックインして、飛行機が出発するまでのんびり朝食を食べてた。

e0095419_8172295.jpg


今回の飛行機会社は、Easy Jetで、初めて乗る。値段はRyanairより若干が高い気がするけど、他の空港会社に比べたら遥かに安い!!

e0095419_824072.jpg


ニースには、大体2時間で着いた。飛行機から景色を見てたけど、マジできれい。それにプールが付いてる家がすごく多い!!さすが金持ちが多いだけある!!

e0095419_82654100.jpg


e0095419_8272055.jpg


e0095419_8273912.jpg


空港に着いたらまずお金を引き出しに行った。飛行機の中で、財布を見たら€5.00しか入ってなくてびっくりした。最近は、ヨーロッパが海外に思えなくなってきて、ポンドをユーロに替えるのを忘れてた。しかし、イギリスはEUに加盟してるのになんでユーロが使えないねんなぁ。
まぁ、でも最近は便利なもので、「国際キャッシュ・カード」を持ってると、どこの国に行っても現地のお金を現地のATMから引き出せる。しかも、どれだけ引き出しても手数料が200円やからかなり助かる。空港でポンドを替えるとすごい手数料取られるからなぁ。

空港からセントラルへは、バスで15分ぐらいで着いた。バスは海岸線を走って、すごいいぃ景色やったわ。ニース最高!!
でも、バスが着くと雨が降り出して最悪↓↓↓
バルセロナの時も雨が降り出したし、オレって雨男なんかなぁ?
しかも、今回はスコールみたいな感じで、めっちゃヘビー!!
傘はもってたけど、全然意味なかった。結局濡れながらホテルに着いた。
ホテルは、おばぁちゃん2人で経営してて、まったく英語が通じない!!
始めはびっくりしたけど、めちゃくちゃ親切で、こういうアットホームなホテルはすごく好き♪
お金さえ出せば、何一つ不自由ないホテルに泊まれるけど、ほんとに親切な人には出会えない。こういう旅の楽しさは、「出会い」やからなぁ。
それに今回は同じ部屋に日本人の女の人がいた。

e0095419_9381146.jpg


e0095419_9383777.jpg


彼女は26歳で、ヨーロッパを一人旅してる。しかも、もう3ヶ月目やってぇ。かなりパワフルやし、大阪出身!!久しぶり関西弁の人としゃべったけどやっぱり関西弁は落ち着く!!
ロンドンにいるとほとんどの人が東京やからマジでアウェー。
前に「呼ばれていぃんですか?」って言ったらマジで笑われた。意味分かるよなぁ?
「ご馳走になる」とか「食事を呼ばれる」とかの「呼ばれる」
東京人は使わんらしい。辞書にもちゃんと載ってるし、正しい日本語やのになぁ。
もう東京は完全に外国やでぇ。東京へ行くには、東京弁という言語を勉強してから行かないと、言葉が通じへん。ある意味で留学かも!!
アメリカ英語とイギリス英語みたいなもんかもしれん。アメリカ人はイギリス人の英語が所々分からんらしいしなぁ。
アメリカからイギリスへは留学になるけど、大阪から東京へは確実に留学にならへんよなぁ。かなり違うのに・・・
でもよく考えたら、東京人は自分達の言葉を標準語って思ってるけど、昔は京都が都やったから本当に基本とすべき言葉は京都弁なんちゃう?京都弁は関西弁でもかなり特殊やけど、少なくても関東弁は、日本人の標準語ではないやろ。

かなり話は飛んだけど、その後はMusée national Message Biblique Marc Chagall(シャガール美術館)へ行った。
聖書のメッセージをテーマした作品が多く収蔵されていた。彼の絵自体は良く分からないけど、大きな絵本を見ているみたいで楽しかった。美術館自体は小規模で、あれぐらいの方がじっくり作品が見れていぃと思う。
一番驚いたのは日本人の多さ!! ゴールデンウィーク中だからか知らないけど、来ている人の半分は日本人ってぐらい多い。しかも、大きな声で
「奥さんこっち、こっち」
「これが有名な作品らしいわよ」
「へぇ~、すごい」
っていう会話が聞こえてくる。日本人のモラルって海外で高く評価されているのに、旅行客はすごく態度が悪い気がする。遠くからでも日本人ってすぐに分かるし、とにかく目立っている。
こういう時って、自分が日本人であることが恥ずかしくなる↓↓↓

e0095419_1011889.jpg


e0095419_1031727.jpg


e0095419_103503.jpg


e0095419_107959.jpg


e0095419_107303.jpg


e0095419_1074957.jpg


e0095419_1081272.jpg


コンサートホールもあって、シャガールの絵が描いたステンドグラスとグランドピアノがあった。

e0095419_1095441.jpg


e0095419_10101443.jpg


それからは、明日のモナコ行きのチケットと明後日のマルセイユのチケットを買いに行った。
ニースの大通りも古い建物と新しい建物が混じっていた。たぶんヨーロッパの町は、こういうつくりになっているのだと思う。

e0095419_1032187.jpg


e0095419_10323570.jpg


e0095419_10325215.jpg


e0095419_10331669.jpg


e0095419_10333920.jpg


ニース・ヴィル駅

e0095419_10345951.jpg


町には、しっかりした軸線が通っていて、ちゃんとデザインされている。
さすがフランスの町。

e0095419_10372969.jpg


e0095419_10374980.jpg


路地

e0095419_1038199.jpg


ニースには坂があって、町にかなり高低差がある。

e0095419_10393384.jpg


いくつかの路地はかなり賑わっていて、いろいろなモノが売っていた。

e0095419_10405362.jpg


e0095419_1041219.jpg


それからは、Musee d'Art Moderne et d'Art Contemporain(ニース現代美術館)へ行った。
建物はきれいでよかったけど、作品はあまり好きじゃなかったなぁ。

e0095419_6322632.jpg


e0095419_6331259.jpg


e0095419_6333015.jpg


e0095419_6335252.jpg


e0095419_634828.jpg


e0095419_6342319.jpg


その後は、城跡へ行った。
この城は丘の上にあって、頂上へ行くのにだいぶ時間がかかった。始めの道は、城壁に囲まれていてどこを歩いているのかが分からない。

e0095419_6432030.jpg


e0095419_6434589.jpg


この城跡は公園になっていて、木が生い茂っている。
それに、所々からニースの海や町が見てすごく気持ちよかった。

e0095419_6452767.jpg




e0095419_6482086.jpg


e0095419_6483840.jpg


頂上から見た景色は、ビューティフォー!!
やばい!!
ニースって英語読みするとナイス(NICE)やもんなぁ。
それだけのことはあるわ。

e0095419_6584251.jpg


e0095419_659049.jpg


e0095419_752039.jpg


e0095419_753479.jpg


子供をつれて散歩をしている夫婦が多い。
しかし、白人ってだれでも絵になるなぁ~。
顔小さくて、基本は7頭身。それに、目が青でブロンドヘアー!!
もう反則やわ。きれいな要素が揃いすぎ。
町もきれいで、人もきれい!!
何やこの町は) ̄ε ̄( ブー

e0095419_7133140.jpg


モデルの写真撮影

e0095419_7162025.jpg


その後は、海岸を歩きに行った。こっちの浜は、砂浜じゃなくて石浜。
結構歩きにくい。
しかし、カップルが多いなぁ~ 一人旅でニースは間違ったかぁ?
やっぱりきれいな場所は彼女と来るべきやなぁ。

e0095419_7235511.jpg


e0095419_7241877.jpg


e0095419_7243234.jpg


マジで絵になるなぁ。
これは、もう映画のワンシーンやろ!!

e0095419_7273944.jpg


海でのんびりした後は、夕食を食べにレストランへ。
食べ物もNICE!!

シーフードサラダに白ワイン

e0095419_7295150.jpg


メインディッシュの肉に赤ワイン

e0095419_731244.jpg


e0095419_7312460.jpg


カプチーノ

e0095419_731476.jpg


もう何を食べてもびっくりするぐらい美味しいし、ワインもフランスだけあって最高!!
ただ、お金が・・・
明日の夕飯は何も食べれない(w_-; ウゥ・・

夜(9時)の地中海

e0095419_736941.jpg


e0095419_7362256.jpg


e0095419_7363716.jpg


by Jey-man | 2007-05-02 23:59 | ヨーロッパ旅行 Vol.3
1日目
ヨーロッパ旅行 Vol.3 ~ 南フランス保養の旅 ~
e0095419_7485319.jpg


今回の旅行は南フランス!!
ニース、マルセイユ、それとフランスじゃないけどモナコ。
特に何を見に行くわけでなく、単純にずっと行きたかった。
無事にレポートも提出できたし、これから卒業論文、大学院の受験勉強、卒業制作などなど、過酷なことが立て続けにある。これを乗り切るために、のんびりと南フランスを旅しようと思う。
by Jey-man | 2007-05-01 23:59 | ヨーロッパ旅行 Vol.3



ロンドンに留学中のJ-MANの日記
by Jey-Man
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30