さらばロンドン
これが留学生活最後のブログ。
この1年を振り返ってみると本当に一瞬だった。
でも毎日何をしていたかを言えるし、いろいろなことを学んで、考えて、本当に充実した一年だった。そのすべてをこのブログで書くことはできないから、最後のブログとして留学中に一番感じたことを書こうと思う。

留学中に一番感じたことは、

自分は誰かに生かされている

ということ。
常に誰かが助けてくれていて、彼らの助けなしには生きていけないし、今の生活があるのは彼らのおかげだと思っている。親がいないと基本的な生活ですらできないし、留学するともなるとすごい数の人が関わり、サポートをしてくれないとできない。
大学同士の交渉から現実的なお金のことまで、すべてにおいてすばらしいサポートをしてくれた。お金のことだけを言うと、ロンドンに留学するには年間400万円近くものお金がいる。それでも両親大学がそのお金を出してくれて、こんなすばらしい経験ができた。本当に頭が上がらない。
それに大学のお金ということは生徒のお金であって、言うなれば大学の友達や芸工大に通っている生徒すべてが自分にとってスポンサー。これから、そういう人たちに何らかの恩返しをしていこうと思っている。

でもその一方で、『本当に自分でよかったのか?』という疑問もある。
もともと、大学に入ったのは「建築がしたい」という明確な動機があったわけではなくて、ただデザインに興味があったのと入学前から知り合いだった大学教授の「面白いから大学に入ったら?」の一言だった。
仲のよい友達だったら知っていると思うけど、高校時代はリアルにF1ドライバーをめざしていて、ずっと鈴鹿サーキットに通っていた。ある程度は行ったものの、結局ダメで心も体もボロボロだった。

e0095419_2375173.jpg


e0095419_23872.jpg


そんな状態で今の大学に入学して1年、2年と過ごしたけどやっぱり物足りない。何をやっても中途半端で、自分の限界まで努力することをしなくなった。勉強も自分のためにするのではなく、それしかないからしていた。
このままあと2年同じ環境で過ごしても自分のしたいことが見つかるとは思えなかったし、課題をすればするほど、どんどん建築が嫌いになっていっていた。幸運に2回生が終了した時点で卒業に必要な単位が取れていたので、飛び級して卒業しようか、違う大学に編入しようか本気で悩んでいた。
そこに降って沸いたのが、「交換留学生」という選択肢だった。今だから言えるけど、留学する前からイギリスで建築の勉強をする気はまったくなかったし、やってみたいことを好きなだけやってやろうと思っていた。留学というよりはロング・バケーションに近いかもしれない。良く言えば、見聞を広げるためにイギリスに行った。


そうやって一年間過ごしてみても、結局自分がしたいことは見つからず、どんどん建築をするしかない状況になっていった。
初めて会う人には、何の勉強をしているかを聞かれるし、当然周りの人たちは「建築を勉強しているオレ」という認識をする。
イギリスへ行く前日に入学前から知り合いだった、その教授に会いに行って、言われた言葉の意味が今ならすごくよく分かる。

興味がないのならやめればいい。でもそうして何が残る?
今注目されているのは建築をやっているからでしょう?


たぶん先生もしょうがなく建築をやっている部分があるのだと思う。
それに父もよく

自分がしたいことをするなんて、これほど自己中心的な行為はない。

とはっきり言っている。たぶん多くの人は自分が本当にしたいことをやっているのではなくて、その時のタイミングや状況でその道に入ってしまったのだと思う。どれだけ夢を追いかけても結果が伴わなければその世界で生きていけないし、自分が好きなことをしても、その行為に対してお金を出す人がいなければ生活はできない。そもそも自分が本当に好きなことやすべきことなんて明確に分かるはずがない。結局、人生はタイミングでその時代の流れやその時々に人は翻弄されて生きていく生き物なのではないかと思う。世の中には多くの人がいて、当然それぞれの思いがあって、需要と供給がある。そしてそのバランスの中、言うなればそれが社会というもので、そこに一個人として生活をしているだけなのだ。

こういう考えになるともう自分の進むべき道がはっきり見えてくる。建築家になるというよりは、自分に期待してくれる人やチャンスを与えてくれる人たちを満足させていくこと。ただそれだけ。
みんながいて初めて自分が生きている意味ができ、彼らに生かされている。

また才能のいる世界に飛び込むことになるけど、決してできない世界でもないと思っている。やる気のない状態で入学して1年、2年と連続で特待生だったし、交換留学生も大学で1人しかなれない。すでにある程度の評価を受けている。
これからの具体的なプランは決まっていないけど、大まかなビジョンはある。
住宅を作るような小さな建築家(住宅は建築家の仕事ではない)になるのではなく、大きな規模の美術館や博物館、それに町という大きなモノをデザインしていきたい。細かいことをするのではなくて、全体をまとめることのできる、プロデューサーのようなリーダー的なデザイナー、これをマスター・アーキテクトと呼ぶのだけど、そういう人間になりたい。

今回でこのLondon Lifeは終わるけど、次からはmy's styleというブログを書いていこうと思う。基本的には何も変わらないけど、内容がデザインよりになると思う。
この一年間いろいろな人がこのブログを見てコメントを書いてくれたり、毎回コメントをメールで送ってくれたり、わざわざ手紙を送ってくれた人もいる。みんなにはすごく感謝しているし、これからもよろしく。
本当にこの一年間ありがとう。

London Life(完)
[PR]
# by Jey-man | 2007-07-10 23:59
4日目
今日が決勝戦!!
3日ってほんとに一瞬やわ。

始めにポルシェ・スパーカップを見た。
やっぱりF1に比べると遅くて、迫力はなかったけどバトルは多くてすごく面白かった。

e0095419_7215886.jpg


e0095419_722108.jpg


その後は、F1ドライバーのパレードがあって、マジで興奮した。
50メートル先に憧れのスパースターがいる。
生でバトンを見たけど、マジでかっこいぃ!!
やばい♪

e0095419_7242437.jpg


e0095419_7244621.jpg


レースが始まる前に飛行機のパフォーマンスがあって、イギリス・グランプリは相当な金がかかっている気がした。
しかも、かなり近いまで来て、かなり迫力があった。

e0095419_7255277.jpg


e0095419_726630.jpg


e0095419_7231748.jpg


e0095419_7271215.jpg


ハート

e0095419_7234397.jpg


e0095419_7265533.jpg


いよいよレースがスタート。
フェラーリファンとハミルトンファンが圧倒的に多きけど、やっぱりここはイギリス!!
バトンのファンも多い。
バトンがフォーメーションラップを走っているときはすごい歓声!!

e0095419_7274344.jpg


レースは、ハミルトンが前半をリードして、いけると思ったけど、ピットストップの後はペースが上がらず、アロンソがトップになった。
でも、結局はライコネンが優勝!!
やっぱりフェラーリは作戦がうまい。
直接的なバトルはなかったけど、着実にタイムを削ったライコネンの勝利。フェラーリファンは大興奮!!
フェラーリはそれほど好きなチームじゃないけど、生で観戦しているとその雰囲気でこっちも結構興奮する。やっぱりスポーツは生で観戦しないとダメやなぁ。

e0095419_728062.jpg


その後は、クラッシックカーのレースがあった。
スピードは全然ないけど、博物館でしか見ることのできないマシンが実際に走っていてかなり感動した。それにトラブルでリタイヤした車がすぐ近くまで運ばれてきて、レースを見ないでその車を見に行った。

e0095419_7282923.jpg


e0095419_7285796.jpg


e0095419_7292230.jpg


一番驚いたのはドライバーがオジィちゃんでお互いの仲がいぃこと。
みんなが車を乗ることを楽しんでいて、車文化の発祥の地イギリスらしい風景やったなぁ。

e0095419_7303271.jpg


それからは、レースと言えばレースクイーン!!
もちろん記念撮影。
やっぱりスタイルがいぃ。
頭の小ささはそれほど変わらないけど、腰の位置がびっくりするぐらい高い!!

e0095419_7311319.jpg


こんな感じで、留学生活最後のイベントが終了。
いろいろ考えることが多かったし、何よりもこの3日間はすごく楽しかった。
この1年間のまとめは、ちょっと固くなるかもしれないけど、ラスト2日で書く予定。
[PR]
# by Jey-man | 2007-07-08 23:59 | F1 British GP
3日目
いよいよ予選が始まる!!

e0095419_13353681.jpg


今日は人の数も多いし、観客の興奮度もすごい。
特に第一コーナーは!!

e0095419_133647.jpg


昨日のフリー走行で背中を痛めて午後からは欠場したバトンも、予選前のフリー走行には出てきて、かなり走りこんでいた。
でも、マシンのセッティングが決まってないからすごく走りにくそう・・・

e0095419_13363127.jpg


e0095419_13365396.jpg


予選前のヘリコプターのパフォーマンス

e0095419_13371320.jpg


予選が始まった。
マクラーレンとフェラーリのスピードが見るからに速い!!
タイムも他のチームに比べて1秒以上も早くて、どうしようもない。
それに、ハミルトンが走るたびに大歓声!!
バトンもイギリス人なんやけど・・・

e0095419_13374342.jpg


e0095419_1338858.jpg


アロンソ、ハミルトン、ライコネン、マッサが走るたびにトップタイムを更新してかなり面白い。結果は最後まで分からない状況!!
ライコネンが最後の走行でアロンソを抜いてトップタイムをマーク。
イギリス人は大ブーイング!!
まだ最後の走行をしていないのはハミルトンだけ
最後のラップに入ると大歓声が起きて、みんな興奮ぎみ。

e0095419_13385312.jpg


最後の最後でやってくれる。
ハミルトンがポールポジション!!
みんなスタンディングオベーション。

e0095419_13391081.jpg


子供もびっくり

e0095419_1339275.jpg


いやぁ~、すごい!!
チームメイトは現役チャンピオンで実はハミルトンはルーキー。
しかもポールポジションの取り方がかっこいぃ!!
スター性が違う!!
流れがいぃし、何もなければ明日は優勝するなぁ。


それからは、GP2のレースを見てホテルに帰った。
GP2って良く知らないけど、バトルが多くて面白かった。

e0095419_1340778.jpg


コーナーを曲がりきれずにそのままタイヤバリアに激突!!
マシンはぐちゃぐちゃになってたけど、ドライバーは無事やったみたい。

e0095419_13404111.jpg


e0095419_13405415.jpg


e0095419_1341748.jpg


[PR]
# by Jey-man | 2007-07-07 23:59 | F1 British GP
2日目
いよいよイギリス・グランプリが始まる。
今日はフリー走行やけどすごい人で、なかなか盛り上がっている。
ただ寒い↓↓↓ コートがないととてもじゃないけど観戦は無理!!

一番驚いたのはブースの質!!
大企業のチームはやっぱりお金の使い方が違うし、企画もおもしろい。

マクラーレン・メルセデスは、車の展示場みたいになっていて、F1マシンは飾ってあるし、ドライバーのトークショーなど、企画が多かった。

e0095419_8172058.jpg


e0095419_833611.jpg


e0095419_8181461.jpg


パナソニック・トヨタは、さすが日本企業のトップ2が組んでいるだけあってかなり手が込んでいる。タイヤ交換を体験できたり、F1に乗ってゲームができたりかなり楽しめる。

e0095419_8184130.jpg


e0095419_8185819.jpg


e0095419_8191963.jpg


F1のフリー走行は10時から始まった。
やっぱりスピードも音もすべてがすごい!!

ジェンソン・バトン

e0095419_8332134.jpg


ルイス・ハミルトン

e0095419_8335891.jpg


佐藤琢磨

e0095419_8341098.jpg


第一コーナー

e0095419_8211070.jpg


最終コーナー

e0095419_8214810.jpg


スタンドの風景

e0095419_8221710.jpg


シルバーストーンの天気はほんと気まぐれ!!
夕方はかなり綺麗な空になった。

e0095419_8223540.jpg


e0095419_8225491.jpg


[PR]
# by Jey-man | 2007-07-06 23:59 | F1 British GP
1日目
今日で友達とは別れて、アニキとイギリス・グランプリを見るためにシルバーストーンに行った。高校時代、鈴鹿サーキットで走っていたのにF1を見るのは、今回が初めて。この1年ずっと楽しみしていて、留学中最大のイベントで最後のイベント!!

F1の観戦は他のスポーツと違っていて、チケットを買うのは難しくないけど、ホテルを取るのが難しい。だから今回はSelect Motor Racingが運営しているツアーに参加することにした。
この選択が当たりで、普段みられない場所がみられたりしてすごくいぃ!!しかもバスからやけどライコネンとすれ違った!!こんなことが普通にあるんやなぁ~☆^ヽ(*^-゚)v
それに、このツアー会社自体がシルバーストーにパドックを持っていて、そこから観戦できる。明日からの観戦楽しみぃ~☆

バス

e0095419_912781.jpg


到着

e0095419_92041.jpg


パドック内部

e0095419_922875.jpg


パドックからの景色
スターティンググリッドが目の前!!

e0095419_931464.jpg


パドックを歩いていると普通にフォーミュラーカーのパーツが置いてある。
当たり前かぁ(笑)

e0095419_941740.jpg


[PR]
# by Jey-man | 2007-07-05 23:59 | F1 British GP



ロンドンに留学中のJ-MANの日記
by Jey-Man
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31